9/3 巨人 2-3 中日 → ナゴヤドーム7連敗・・・負け越しも決定(涙)

巨人 2-3 中日 9月3日(金) ナゴヤドーム

対 中日:9勝13敗0分

勝利投手:吉 見 22試合 12勝 7敗 0S

セーブ :岩 瀬 47試合 1勝 3敗 36S

敗戦投手:内 海 22試合 8勝 7敗 0S

投手リレー

 巨人:内海→MICHEAL→高木→越智(C:阿部)

 中日:吉見→高橋→浅尾→岩瀬(C:谷繁)

ホームラン:

 巨人:坂本28号ソロ

 中日:和田32号2ラン

0.5ゲーム差に迫ってきた3位・中日ドラゴンズとの今季最終カード。巨人は五回、先発の内海が中日打線につかまり、3点を奪われる。六回に坂本のソロ、八回に松本のタイムリーで1点ずつ奪ったが、追い上げ及ばず、2対3で敗れ、3位に後退した。

Yomiuri Giants Official Web より

今日の気になったところ・・・

1回裏

大島の打球が1塁へ転がったが、内海のカバーが遅れて内野安打に

(結果的に0で抑えたが、内海がまだ試合に入りきれてないなと不安になる)

5回裏

森野のレフトへの打球が2塁打に・・・

(今更言っても仕方ないが、ラミちゃんのタラ~~ンとした守備には・・・涙)

6回表

1アウト1,2塁の場面でラミレスがショートゴロでゲッツー

8回表

2アウト1,2塁の場面でラミレスがライトフライ・・・

まぁ和田のツーランが結果的には重くのしかかってしまったゲームだったわけだけど、内海は2,3,5回に先頭打者を出すなど、とにかく本調子には遠い出来だった。こういう状態の内海を見るのは慣れっこになってしまったのが悲しいが、それでも粘り強くは投げていたほうだと思う(これが阪神打線ならそうはゆかなかっただろう)

先頭打者のラミちゃんにヒットが生まれ、得点圏にいる時にヒットが出ず・・・と4番の役割をまっとう出来なかったのが敗因に繋がったといっていい試合だった。どちらも外角の落ちる変化球。特に6回のほうはカウント的に追い込まれていたわけではなかったので、あそこは手を出さずにいて欲しかった。

ラミちゃんは追い込まれるまでは外角の逃げるスライダーや落ちる球には簡単に手を出して空振りすることが多く、カウントを取る球に使われてしまうことが多いが、今日は谷繁のリードがうまかったのか、ギリギリバットが当たるところに落としてきた。追い込まれればあぁいった球には手を出さない(もしくは右方向へのミートへ切り替える)ラミちゃんだが、当たってしまったばかりに、ショートゴロ、ライトフライと打ち取られてしまう。4打数1安打だが、ラミちゃんで攻撃が終わってしまう打席が2つ、それも得点圏に走者がいての打席となれば点が入らないのも当たり前。大事な試合だったからこそ、4番のバットで勝ち越してチームに勢いをつけて欲しかった。

6回以降はここ数試合の信頼度では久保、山口をしのぐマイケル、高木がしっかりと無失点で抑えただけに、あと一歩届かず、非常に残念だった。

頼みのスンちゃんも3打席ノーヒット、2回の場面では走者を進めるというチームバッティングも出来ず、三振のスイングを見る限りは相変わらず・・・に見える(本人は試合前、自分のスイングが出来るようになったとコメントしているが)。上がってきていきなり結果を求めるのもかわいそうだが、それがプロの世界だし、今のチーム事情。明日以降出番があるのかどうか微妙だが、期待しているので目の覚めるような一発をお願いします。

松本が猛打賞を打ったのはうれしい限りで、明日に希望が持てるが、やっぱり中日は手ごわかった。ケガで満足に動けない和田が2安打2打点、谷繁が4安打と満身創痍のベテランが奮闘している姿に巨人も負けてないぞ!と阿部の奮闘を期待したが今日はノーヒット。最近、表情にも明るさが見えないので、両足の痛みがひどいのでは?とちょっと心配だ。こういう時こそキャプテンの爆発と選手会長のピッチングがチームの雰囲気を変えると信じていたが、逆に不安が増す状態に・・・(ちなみに副会長は亀井と山口)。

せめてもの救いは阪神も負けたので負け数差が開かなかったことか。

差が5になると、残り24試合で追いつくのは本当に難しくなる(しかも阪神は3ゲームも残り試合が多い)。昨夜も飲み屋で負け数の話題になったんだが、ゲーム差は2なんだからまだいけるよ!と楽観視するファンと飲みながら、阪神との直接対決はあと5つしかない、負け数が5に広がった場合、仮に阪神に全勝してゲーム差で逆転したとしても、残りの試合の勝率が同じであれば0.5ゲームしか変わらない状態になる(で、計算あってるよな?)。全勝するのが難しいとなれば、勝率差で上回らなければいけないが、チームの状態、勢いは阪神の方が上なので、”今は”それを上回るだけの材料が見当たらない。恐らくキーを握るのは「チームの雰囲気」だろう。チーム内に勢いが出てくれば自然と失敗をカバーするプレーも生まれるし、相手のミスにつけこんで大量得点をうばう展開も期待できる。今の阪神がそうだし、8月のヤクルトもそういう雰囲気で戦っていた。選手の力量には過不足が無いとするならば、チーム内のムードをどうやって上げてゆくか、そのためには今日の坂本、松本、矢野のように若手がドンドン盛り上げてゆくこと・・・・ではないだろうか。

あと、ラミちゃんだね、ムードメーカーのラミレスが打てば、自然と雰囲気は良くなる。試合前の儀式だけでなく、大事な局面での結果でチームのムードをあげて欲しい。

打点王に今更いうまでも無いんですけどね)

恐らく明日はゴンちゃん、明後日は東野が投げるだろう。とうとう吉見も12勝となりマエケン、東野、久保と4人が12勝で並んだ状態に・・・東野が次の試合で勝てないと、ハーラー争いからついに1歩後退することになるだろう。そうなればチーム内はさらに重くなってしまう。中日は山本昌、山井と来ると予想されている(と解説の木俣氏は言っていたが)。山本昌巨人キラーだが、それは過去の話として苦手意識を持つことなく向かって欲しい。むしろ、山井のほうが嫌な感じだが、もうここまで来たらそんなことは言っていられない。

(追記:777さんのコメントにあるように、山井は中3日になるので、なさそうだ。中5日で中田か、4日でチェンか・・・どちらにしても、強敵には違いないが・・・)

今日で対中日の今季の負け越しが決定してしまった。あと2試合で中日とは終了。CSに出る前提で話をすれば、CSまで会う事はなくなる。それだけに連敗で終了するような後味の悪い終わり方だけはして欲しくない。(ついでに言うなら、仮の話でもナゴヤでCSを戦うような事態にだけはしないよう頑張って欲しい)

最後に阪神の矢野捕手。今季限りで引退とのことで、今まで本当にお疲れ様でした。オリックスの岡田監督がラブコールを送っていると以前どこかのニュースで見た記憶があるが、右ひじは相当に悪いのだろうか?城島の加入も引退の理由としては大きいだろうが、個人的にはまだまだユニフォーム姿が見たかったし、出来れば今の巨人の投手陣を指導・・・・(+_+;)\(-_-;)バシ!