4/10 巨人 11-3 中日 →山口、先発にて初勝利!

巨人 11-3 中日 

4月10日(土)

対 中日:1勝1敗0分

勝利投手:山口 2試合1勝0敗0S

敗戦投手:チェン3試合1勝1敗0S

・投手リレー

 巨人:山口→越智→小林

      (C:阿部→鶴岡)

 中日:チェン→平井→小林正→鈴木

     (C:小山)

ホームラン:

 中日:ブランコ4号ソロ

 巨人:小笠原5号2ラン、ラミレス5号満塁

昨夜は監督の采配ミスだと言い切っていい試合だったが、

悔しい思いをした後の今日。東野だと思っていたが、山口を持ってきた。

初回こそ、三者凡退にしとめたが、以後、四球を出しながらの苦しいピッチングが続いた。

しかし!昨年チェンに抑えられ続けた、松本、小笠原が苦手意識を払拭する当たりを見せ、今日に限ってはカモにしていた。

まず注目は1回裏、チェンからヒットで出た松本が走るそぶりを見せながらチェンを揺さぶり、小笠原のヒットを導きだした、それがエンドランとなり今日5番に起用した阿部がセンター前にタイムリーヒット。左の一級品投手チェンに対し、左バッター3人で取った先取点に「今日はいける!」という思いを感じた。

しかし、翌2回に1点を返され、同点にされた後、次の注目4回にはブランコの勝ち越しホームランを浴び、勝ち越された。相手の4番のホームランで流れが相手に行ったかと思ったが、そういう時に流れを変えられる星の元に生まれたのか、長野3塁打の後のヨシノブの犠牲フライ。

(やっぱり長野は何か持ってるな)

落胆しかけた直後の同点劇だけに、これで再度流れをつかんでくると思った次の回、ガッツが勝ち越しの2ランホームラン!!!!

元々ローボールヒッターのガッツだが、あの球をグンと沈めた体でスタンドまで持ってゆくパワーは本当にすごい!昨年は膝の調子もあり5月くらいまでは2割台の打率だっただけに、開幕からの爆発は序盤戦を戦うのに非常に大きな存在。

そして先発の山口だが、途中から効果的にチェンジアップを使い、6回まで毎回ランナーを出しながら何とか0で抑え、7回は三者凡退とし、原監督の掲げる7回3失点以内という目標を十二分にクリア。

球数が多めだったのでさすがに完投はさせないようなぁと思いつつ、

8回まで投げて9回を越智に!という監督の筋書きから少しはずれ、

8回にノーアウト1,3塁のピンチを作ってしまい、ガッツの素晴らしい

ファインプレーでダブルプレイを取ったものの、その間に1点を返され、越智にスイッチ。

ブランコにヒットは打たれるものの、好調和田を三振にとって何とか1失点で切り抜けた。

こうなると、1点差で最終回を迎えるかと思われたが、8回裏ツーアウトからヨシノブのヒットで打順8番のエドガー。

次がピッチャーだけに落合監督エドガーを歩かせる作戦を取る。

このとき、ネクストには越智ではなく、スンちゃんを用意するという幻惑策をとった原監督だったけど、そこはあっさり見透かされた。

(試合後のコメントで原監督が言っていたが、越智は登場の際、

ラミレスの所に入れるはずだったのにミスしてしまったと言っていた)

ツーアウト1,2塁、バッター越智とくれば中日サイドも外野を浅めにシフトして簡単に終わらせるつもりだっただろう、しかし越智が何と外野の頭を越える左中間のタイムリーヒットで2点を勝ち越す

(ちなみにプロ入り初ヒット&初タイムリー)。

さらに坂本のヒットと松本の四球、小笠原への四球で押し出しで1点を追加すると、今日全くあたりの無かったラミレスがレフトスタンドへ満塁ホームラン。

ラミちゃんはチェンに対し、チャンスに打席が回ってきながら力で抑えられた状態だったため、うっぷんがたまっていたのでしょう、至上37人目となる1000打点をホーム球場で満塁ホームランというこれ以上内形で自身を演出しました。

やっとこさ、HR後の剣道パフォーマンスも見れ、昨日のもやもやを吹っ飛ばす改心の勝利でした。

山口を7回まで引っ張ったこと、阿部を5番にすえたこと、小山のリードを読みきり、ストレートに的を絞って効果的に攻撃した、今日は間違いなく原監督の采配勝ちだったぁ。

尚、クルーンが戻ってくるまでという期間限定で山口を中継ぎに戻すと監督が発表してます。

個人的には、まだ序盤でそんな緊急策を打ち出すのは反対なんですが、、、

明日は伊藤 vs 東野。

この調子で4カード連続勝ち越しを決めて欲しい!!!!!